レジ

POSレジを導入するメリットとは

レジを打つ女性の手元

会計処理はどんな業態でも必要なことですが、スタートアップなどで捌くべき会計処理がそこまで多くないうちは必要性や重要性をそこまで感じられない物です。しかし、ある程度大きくなったり知名度があがれば必然的にその処理回数は増え、それによって正確さや純粋な処理能力、さらにはその処理をどのようにデータ化し経理に回すのかといった実務面においての比重が非常にたかまっていきます。そうなれば、小売りなどで見られがちな簡易端末を使った会計処理や、昔ながらのレジキャッシャーでは人的資源をそれなりに使わなければ効率的に処理できません。少なくとも経理と会計を一括して行えるPOSレジは最低限必要になってきます。POSレジを導入することで得られるメリットは、そうした処理部分だけではありません。例えば、あなたの業態に応じて最適な処理を分けて設置し、それぞれに特殊な会計属性を付与することも可能なので、最終的な経理計上がよりスムーズになり、業務そのものの改善や効率化を明確にすることができるのです。POSレジは投資として極めて優れた選択肢であるとともに、業務の根底に新しい選択肢をいくつも与えてくれる優れたアドバイザーともなりえるのです。

POSレジで会計ミスがゼロに!新人とベテランの差を埋められます

飲食店において、スタッフが注意を払うのが現金の取り扱いを行う会計業務です。オーダー内容の数量間違い、受け渡しする現金の差異など問題が生じた際には直ぐにクレームへ直結してしまいます。また、新人とベテランとでは現金の取り扱いや会計業務にも差が生じるだけでなく、レベル差を埋めるためベテランが一定期間立ち会うなど業務効率も低下することもがあります。そこで飲食POSレジを導入して、会計業務のミスとレベル差の解消を行いませんか?
飲食POSレジならオーダー情報が会計用端末と連携しており、オーダー内容の計算ミスが防げます。そのため、実際の注文と会計上の注文が異なるといったミスをゼロにできます。また、現金の取り扱いについても、キャッシュドロアーではなく自動釣銭機と連携させれば、現金を数えるといった作業も無くなり、現金差異もゼロにできます。さらにスマートフォンやタブレットの操作になれた若い人なら直ぐにでも使いこなすことができ、会計業務にベテランが一定期間立会といったことも解消されます。会計ミスがどうしても解消されない、現金差異が日々発生し影響が大きくなっているというのであれば、飲食POSレジを導入して問題を解決してみましょう。また、会計業務にかかる負担減ることで接客業務を重視できるようになりサービス向上も図れます。

POSレジは業務の最適化に有効

通常のレジとは違いPOSレジはお金の集計だけではなく、どの時間帯にどの商品が何個売れたか、などの商品の集計も行ってくれます。

それにより、売り上げのデータを簡単に知ることができるので、売れる時間帯の把握にもつながりますし、
在庫の管理もしやすくなります。
データを集めることにより、商品の売れ行きもわかりやすくなるので、発注ミスを防ぐことにもつながったり、
売れ行きが良い商品を多めに用意することも可能になります。
POSレジのデータを確認しながら在庫の準備をすることにより、発注すべき商品が一目でわかるようになるので
作業時間の短縮にもなり無駄な作業時間を省くことができ、非常に効率の良い仕事ができるようになります。

また、商品の登録を行っておくことで、商品の金額を自動で入力、計算してくれるので
通常のレジのように手打ちで金額を入力する手間が省けて、お会計時間の短縮につながります。
そして、金額の打ちミスによる誤差が減るので、会計間違いの防止になります。
これにより金額誤差が出にくくなるだけではなく、レジ閉め作業が簡単になりスタッフの負担が減る上に、誤差が出た際の原因追及も簡単になってきます。

一日の作業の効率が上がり、働くスタッフの負担も軽減されるので、
ぜひPOSレジを導入してみてください。

笑顔のスタッフ

POSレジを導入してキャッシュレス決済に対応しよう!

飲食店経営者にとって悩みとなっているのが、軽減税率対応だけではありません。最近では、日本でもキャッシュレス決済の導入が進められているだけでなく、キャッシュレス決済が既に浸透している外国人観光客も増加しています。キャッシュレス決済を希望する外国人に対してサービスが提供できないことは、飲食店では利益を得る機会を失うことになります。そこで、飲食POSレジを導入して軽減税率対応とキャッシュレス決済対…

タブレット端末

POSレジなら限定メニューやメニューの提供可能数も管理できる

飲食店において販売機会の損失は、売上が上がらず利益が出ないだけでなく、食材ロスといったことに繋がります。そのため、食材ロスを回避しつつ、最大限にメニュー提供を行う必要があります。また、メニューに限定数量を設ける場合、数量管理をリアルタイムで行っていなければお客さんの評価も下げてしまいます。そこで、飲食POSレジを導入して限定メニューやメニューの提供可能数を管理しませんか?飲食POSレ…

小銭

滞在時間をリアルタイム管理!POSレジで回転率アップを狙える

客席の滞在時間を管理できず、回転効率が悪く売上が伸びないという問題を抱えていませんか?飲み放題や食べ放題プランが人気となっている飲食店には規定上の滞在時間を超えている場合、収益が見込めなくなってしまいます。ですが、お客さんに対して滞在時間が過ぎていることを促せない、オーダーを断れないというなら飲食POSレジを導入しませんか?飲食POSレジは客席の滞在時間管理を行うことができ、セルフオ…

POSレジ

POSレジは色々な情報が満載です

昔はPOSレジと言えばコンビニくらいでしたが、今ではある程度大きな規模のスーパーやホームセンターなどあらゆるところで見かけるようになりました。なぜかと言えば便利だからです。やはり一番大きな利益は、手打ちだとよくあった打ち間違いがゼロになるということです。バーコードをスキャンするので、金額を打ち間違うということはなくなります。ただ、それでも複数同じものを買った時…