レジ

POSレジなら限定メニューやメニューの提供可能数も管理できる

タブレット端末

飲食店において販売機会の損失は、売上が上がらず利益が出ないだけでなく、食材ロスといったことに繋がります。そのため、食材ロスを回避しつつ、最大限にメニュー提供を行う必要があります。また、メニューに限定数量を設ける場合、数量管理をリアルタイムで行っていなければお客さんの評価も下げてしまいます。そこで、飲食POSレジを導入して限定メニューやメニューの提供可能数を管理しませんか?
飲食POSレジはオーダー業務の効率化や売上のリアルタイム管理だけでなく、メニューの数量管理や食材在庫の管理も行うことができます。つまり、POSレジを経由した注文により数量管理が行われ、提供できないメニューを素早く把握できます。また、食材の在庫管理をリアルタイムで行うことにより、提供可能数を把握できるだけでなく、不足している食材を素早く調達すれば、販売機会を損なうことも避けられます。さらに過剰になっている食材を適切に管理もしくは店舗ごとに融通することで、食材ロスにより経費の無駄も解消できます。提供可能なメニューが分かり易くなっていれば、スタッフも代替の料理を提案することができ、売上を伸ばすきっかけにも繋げられます。また、メニューの品切れも注文前に分かれば、お客さんも別のものを選ぶことができ提供までの待ち時間もなくすることができます。飲食POSレジで販売機会の損失を解消して、機会を創出しませんか?

笑顔のスタッフ

POSレジを導入してキャッシュレス決済に対応しよう!

飲食店経営者にとって悩みとなっているのが、軽減税率対応だけではありません。最近では、日本でもキャッシュレス決済の導入が進められているだけでなく、キャッシュレス決済が既に浸透している外国人観光客も増加しています。キャッシュレス決済を希望する外国人に対してサービスが提供できないことは、飲食店では利益を得る機会を失うことになります。そこで、飲食POSレジを導入して軽減税率対応とキャッシュレス決済対…

タブレット端末

POSレジなら限定メニューやメニューの提供可能数も管理できる

飲食店において販売機会の損失は、売上が上がらず利益が出ないだけでなく、食材ロスといったことに繋がります。そのため、食材ロスを回避しつつ、最大限にメニュー提供を行う必要があります。また、メニューに限定数量を設ける場合、数量管理をリアルタイムで行っていなければお客さんの評価も下げてしまいます。そこで、飲食POSレジを導入して限定メニューやメニューの提供可能数を管理しませんか?飲食POSレ…

小銭

滞在時間をリアルタイム管理!POSレジで回転率アップを狙える

客席の滞在時間を管理できず、回転効率が悪く売上が伸びないという問題を抱えていませんか?飲み放題や食べ放題プランが人気となっている飲食店には規定上の滞在時間を超えている場合、収益が見込めなくなってしまいます。ですが、お客さんに対して滞在時間が過ぎていることを促せない、オーダーを断れないというなら飲食POSレジを導入しませんか?飲食POSレジは客席の滞在時間管理を行うことができ、セルフオ…

POSレジ

POSレジは色々な情報が満載です

昔はPOSレジと言えばコンビニくらいでしたが、今ではある程度大きな規模のスーパーやホームセンターなどあらゆるところで見かけるようになりました。なぜかと言えば便利だからです。やはり一番大きな利益は、手打ちだとよくあった打ち間違いがゼロになるということです。バーコードをスキャンするので、金額を打ち間違うということはなくなります。ただ、それでも複数同じものを買った時…